五重塔・三重塔・三門・大仏

京都府内の五重塔
国宝 東寺(教王護国寺) 江戸時代 54.8m近世以前では日本一の高さ
国宝 醍醐寺 平安時代 38.2m  京都府下最古の木造建築
国宝 海住山寺(加茂) 鎌倉時代 17.7m
重文 法観寺(八坂の塔) 室町時代 38.8m2層まで入れる
重文 仁和寺江戸時代 37.1m
重文 東寺(五重小塔) 鎌倉時代161cm小塔(撮影禁止)
  成相寺(宮津市) 平成12年約33m復元

京都府内の三重塔
浄瑠璃寺(国宝)平安時代加茂町
岩船寺室町時代加茂町
金剛院室町時代舞鶴市鹿原595
宝積寺桃山時代大山崎町
清水寺江戸時代初期清水寺
金戒光明寺江戸時代初期黒谷町
清水寺子安の塔江戸時代初期清水寺
三室戸寺江戸時代宇治市
真正極楽寺(真如堂)江戸時代後期真如町


塔の高さと年代
相国寺七重の塔109m1399年
東大寺七重の塔100m826年
法性寺九重の塔81m1077年
東寺五重の塔54.8m1644年


その他
 祇園閣(大雲院)

三門
中央の大きな門と左右の小さな門との3門を連ねて1門としたもの
京都三大門(知恩院の三門・南禅寺の三門・東本願寺の御影堂門)
 南禅寺、知恩院、今戒光明寺、妙心寺、東福寺、東本願寺:非公開、萬福寺、大徳寺(未)

国宝唐門
西本願寺、豊国神社、大徳寺の唐門が国宝
唐門とは、唐破風(からはふ)形の屋根を持つ門

西本願寺、豊国神社、大徳寺の唐門が国宝
西本願寺の唐門 桃山時代の代表的な唐門

豊国神社の唐門 元々は伏見城にあったものが二条城や金地院に移築され、
明治時代にこの神社に移築されたと伝えられています


大徳寺の唐門 非公開


相国寺 七重大塔
 相国寺東南の地(高さ約109メートル)の七重の塔(塔の段という地名がある)

八角塔跡
 樫原廃寺八角基壇(三重塔?)、法勝寺八角塔(高さ80メートル)

大仏殿跡
 方広寺 東福寺


東寺 公開有


法観寺 公開有
     
2018-01-20


仁和寺 公開有


海住山寺 公開有
  

醍醐寺 公開有(開扉法要)


成相寺 復元


三重塔
清水寺
   清水寺子安の塔
   金戒光明寺


  
真正極楽寺(真如堂)
宝積寺(山崎)
   浄瑠璃寺(加茂)


岩船寺(加茂)
   三室戸寺
 
   金剛院(舞鶴)


祇園閣(大雲院)



三門
南禅寺
   知恩院

今戒光明寺
   妙心寺

東福寺


萬福寺


東本願寺 御影堂門


仁和寺


頂妙寺 仁王門(非公開)
この門があったから、前の道は仁王門通


大徳寺 金毛閣


京都三大門とは、洛西の仁和寺二王門、洛東の南禅寺三門、洛東の知恩院三門です
また、仁和寺二王門の代わりに東本願寺御影堂門を数える場合があります
東本願寺御影堂門は、2012年2月-2015年12月修復工事が行われました


八角塔跡
 樫原廃寺八角基壇(三重塔?)


法勝寺八角塔(高さ80メートル):動物園内


相国寺七重の塔 相国寺にはかつて高さ109m(36丈)の七重の塔がありましたが、落雷により焼失した
どこにあったかも不明ですが、「塔の段」という地名が残っています
応永6年(1399)、三代将軍足利義満が七重の塔を相国寺東南の地に建立


1399年 相国寺七重大塔完成。
1403年 相国寺七重大塔落雷のため焼失
1416年 北山殿(後の)金閣寺に造営中の相国寺七重大塔落雷のため焼失
      →相国寺に七重大塔建築
1470年3度目の火災で灰燼

金閣寺の七重の塔に向かって、真っすぐな道(西大路通り西側)が北野白梅町の北からわら天神まで続いている(750m)
「八丁通り」と呼ばれている
   

大仏
高さ(?)
方広寺19m消失
東福寺15m消失(片手のみ残る)
轉法輪寺4.5m+3m御室大仏・木造
欣浄寺5.3m伏見大仏
戒光寺5.4m+4.6m(台座)立像泉涌寺の塔頭
平等院2.8m+1.8m(台座)鳳凰堂



伏見大仏(墨染・欣浄寺)

本尊 毘廬遮那仏(びるしゃなぶつ) 約5.3m 
胎内銘により、頭部は、江戸時代1774-1776年、胴部は1791-1796年の作とされる

小野小町・深草少将の伝承の遺物 、池畔に、「小野小町供養塔」と並び「深草少将供養塔」が立つ。
「深草少将姿見の井戸・池(涙の水)(墨染井、小町姿見の池とも)」がある
 池の東の薮中に、かつて「少将の通い道」があったという。訴訟を抱える者が通るとかなわなくなったという
傷みが激しいが、修理できないとのこと

大仏殿跡
方広寺
豊臣秀吉が発願した大仏(盧舎那仏)を安置するための寺として創建された
大仏殿は高さ約49メートル、南北約88メートル、東西約54メートル
大仏は、高さ約19メートルの木製金漆塗坐像大仏
2度火災や地震で壊れている


東福寺
高さ15mほどの坐像で、奈良の大仏を意識して作られた「京の大仏」は、明治14年の火事で焼けてしまい、現存するのは片手のみ。
巨大な大仏の片手は、本堂に安置されており、3月14日-16日の3日間公開されている。
この写真は、コピーですが、クリックしてください

うんごじ 【雲居寺】
京都市東山区高台寺付7近にあった天台宗の寺。
1124年、瞻西(せんざい)が八丈(24m)の大阿弥陀像を造立するにおよび寺は隆盛をきわめたが、応仁の乱で廃滅した
八坂寺に接したので八坂東院と呼ばれた

御室大仏 轉法輪寺 
本尊は阿弥陀如来、座像で約7メートルの大仏様
京都で一番大きい仏様




戒光寺(泉涌寺の塔頭)丈六釈迦如来(撮影禁止)
鎌倉時代の仏師 運慶・湛慶親子の合作
身の丈は約5.4メートル、台座から光背部を入れると約10メートル
   


京都では搭への信仰が盛んだったそうで、百搭めぐりがあった(128基)そうです


平等院 鳳凰堂2016年04月27日(藤の花が満開)

平等院 鳳凰堂2017年11月24日(紅葉がきれい)
夜間特別拝観
 

メインに戻る