京都五山送り火、火床

京都五山送り火

大文字如意ケ岳「大」は人の形
妙法松ヶ崎お経
船形妙見山精霊船
左大文字大北山厄落とし
鳥居形曼荼羅山「鳥居」をくぐってお帰りになられる

2015年大文字 吉田山の展望台から 点火の2時間前に行き、場所を散りましたが
最高の場所はすでに取られていました
2010年左大文字 金閣寺北の北大路・西大路の交差点から 火床に近くて、よく見えました
2010年送り火(左大文字)
2011年 宝ヶ池スポーツ公園の東側と正面から 火床に近くて、よく見えました(火床にいる人の姿も見えます)
大文字と舟形も見れました
2012年鳥居 清滝道の鳥居本八幡宮の近くから 一番火床が近くから見れるところです
2017年鳥居 広沢の池から 灯篭流しとともに
2018年鳥居 嵐山の桂川から 灯篭流しとともに
2013年船形 西賀茂の今原公園南西の角から 一番火床が近くから見れるところです
(京都ゴルフクラブのクラブハウスが最高だそうですが・・)
2014年 北山通りのマツヤ電気裏から 一番よく見えるところです
2016年 大雨で、大文字は鴨川からでも見れませんでした 中止ではありません
TVにも映りません
2019年大、船 出雲路橋(鞍馬口の東) 月の大文字、船は下のほうが見えていません
妙は殆ど見えていません
2020年大、船 出雲路橋(鞍馬口の東)、北大路橋 コロナ禍(か)の収束が見通せない今年は、
見物客が密集しないよう各山とも点火箇所を大幅に減らして実施
大の字は6点のみ、他の山は1点のみ点火でした


火床
送り火が間近で見れる所、火床 (大文字・左大文字・妙・法・舟・鳥居)

(注)画像はクリックすると大きくなります、動画もクリックすると大きくなります

メインに戻る