火焚祭と護摩供養の違いは、基本的に神社が火焚祭で、寺が護摩供養です

旧暦十一月は火にかかわる行事が多く、
宮中や公家の家、京都地方の神社や民家では、やはり稲荷を祭る「お火焚」という行事が古くから行われていました。
霜月祭の特徴をもつもので、社前で神楽を奏し、供物を供えて火を焚いて祭りました。
参拝者は火焚串を奉納し、それを焚いてもらい、火の持つ霊カによって願いがかなうといわれています。

護摩焚き
「護摩」というのは、サンスクリット語の「ホーマ」で、「物を焼く」という意味
納めた護摩木は、供物として焼かれます

お火焚き
煙が天に届くことで、天は食を頂くことができ、代わりに人に福を与えるとされています
焚かれたミカンは中風封じや風邪薬の効能があるとか。

山伏は聖護院が多いが、醍醐寺三宝院の山伏もいる

平安神宮大火焚2013年2月3日
平岡八幡宮左義長2012年11月23日
新日吉神宮火焚祭2012年11月14日
智積院青葉まつり(火焚)2012年6月15日
安井金毘羅火焚祭2013年05月10日
伏見稲荷火焚祭2013年11月8日
法住寺栽燈大護摩供養2013年11月15日
石清水八幡宮厄除大祭焼納神事火焚祭2014年1月19日
聖護院門跡高祖会(護摩供養)2014年6月7日
弥勒院大日盆と採燈大護摩供養2014年8月28日
恵比寿神社お火焚き・湯立神事2014年11月16日,2016年1月8日
城南宮お火焚き2014年11月20日
神光院大護摩法要2015年1月21日
狸谷山初不動(護摩焚き)2013年1月28日,2015年1月28日
壬生寺大護摩祈祷2015年2月2日
上徳寺世継地蔵尊功徳日大祭2015年2月8日
阿含宗星祭2015年2月11日
松ヶ崎大黒天おひ焚き祭2015年2月14日
菅大臣神社護摩焚き2015年5月9日
霊山観音採灯大護摩供養2015年5月18日
役行者山祇園祭2015年7月23日
清荒神護浄院お火たき祭2015年11月28日
猿田彦神社初庚申祭・お火焚き2016年2月14日
金戒光明寺浄焚式 2016年2月25日
松尾大社お火焚き神事(紫燈大護摩供・火渡り式)2016年2月28日
本圀寺人形供養 2016年6月24日
摩利支天堂護摩炊き2016年10月20日
狸谷山不動院お火焚き2016年11月3日,2017年7月28日
上御霊神社お火炊き2016年11月18日
三十三間堂お火炊き2016年11月20日
太秦広隆寺お火炊き2016年11月22日
正覚庵お火炊き(筆供養)2016年11月23日
金閣寺不動堂お火炊き2016年11月28日
吉田神社護摩炊き2017年2月18日
金戒光明寺浄梵式2017年7月15日
山伏山祇園祭2017年7月23日
花山神社火焚祭2017年11月12日
御香宮神社火焚祭2017年11月15日
宝塔寺 七面山火焚祭2017年11月19日
建勲神社 義照稲荷火焚祭2017年11月23日
粟田神社火焚祭2017年11月23日
濡髪大明神 知恩院火焚祭2017年11月25日
瀧尾神社お火焚き2017年11月26日
本満寺護摩炊き2017年12月1日
蓮華寺(五智山)護摩炊き2017年12月13日
引接寺(千本焔魔堂)護摩炊き2017年12月23日
剣神社御弓始祭・大焚祭2018年2月11日
清浄華院畳供養2018年4月28日
岩谷神社火焚神事2018年4月29日




平安神宮 2013年2月3日節分
「大火焚神事」 午後4時 (龍尾檀下斎場) 
  「火焚串」約4万本を浄火で焚き上げ、厄を祓います




平岡八幡宮  2012年11月23日


新日吉神宮火焚祭(いまひえじんぐう)   2012年11月14日


智積院の青葉まつり(2012年6月15日)
青葉まつりは、真言宗の宗祖・弘法大師空海と中興の祖・興教大師覚鑁のご誕生を祝う行事です。
護摩は、弓矢、祈祷・・点火と続きます
祭壇にある大きなろうそくから、採火し、点火します
あたりは、一面けむりです(何も見えなくなりました)
最後に、信徒の大事な持ち物を修験僧が火にかざし、清浄にすることが行われました

お練り行列
柴燈護摩


安井金毘羅  (2013年05月10日)

境内にある「縁切り縁結び碑(いし)」を表から裏へとくぐって
悪縁を切り、次に裏から表にくぐって良縁を願います

安井金毘羅の火床です
弓を四方に放った後に短剣などの儀式が続きます
儀式が終わると、護摩壇に火がつけられます
火がつけられると、祈願して護摩木を護摩壇に入れます



  


伏見稲荷 (2013年11月8日)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
伏見稲荷大社の火焚祭は護摩木が10万以上と言われています
伏見稲荷大社の火焚祭は本殿裏に3つの火床で行われます

   

法住寺  (2013年11月15日)

法住寺は赤穂義士ともゆ・ゥりが深い(四十七士の木像が安置)

笛や琴の邦楽、御詠歌の奉納があり、稚児行列、山伏問答、
鬼法楽と続き、天狗を先頭に、赤、青、黒の鬼が拍子を合わせて踊ります
四方に矢が射られ、採燈大護摩供が奉修されます


   


石清水八幡宮 厄除大祭焼納神事 2014年1月19日


   
 



藤森神社 (2014年11月5日)


聖護院門跡ー高祖会 (2014年6月7日)

隣の積善院から法螺貝を響かせながらやってきた山伏行列は、宸殿の前に進む(100名程度・女性もいる
旅の山伏が「山伏問答」をする、これは護摩道場に入る資格があるかを確認する口頭試問
道場を清める作法が行われる、弓、剣、等の作法があり、、護摩壇に点火される。
お経の中、護摩供養が行われる


 



弥勒院 大日盆と採燈大護摩供養 (2014年8月28日)

弥勒院は銀閣寺の南西にあり、聖護院の末寺です
6月にあった聖護院門跡ー高祖会(採燈大護摩供)と同様 山伏が大勢(約70人)います
13時から山伏が疎水沿いに、北ある八神社で、大文字山参道の行者の森でお経をあげます
弥勒院に戻て来ると、 山伏問答(護摩道場に入る資格があるかを確認する口頭試問)があります
続いて、後弓の作法などがあり、護摩壇に点火される お経が唱えれ続ける
流れは高祖会と同じです
お経の中、護摩供養が行われる



 



恵比寿神社 お火焚き・湯立神事 (2014年11月16日)

 
湯立神楽(えべっさん)(2017年1月9日)
土砂降りの中で行われました
 


城南宮 お火焚き (2014年11月20日)
 

神光院 大護摩法要 (2015年1月21日)
「山伏問答」があり、
修験者として知るべき知識を尋ねるテスト形式の問答、
相手が同じ流派の者なのか、それとも他流の者なのかを判定した
護摩の作法に先立って山伏問答、法弓、法剣、法斧といった諸作法がある
火炉を設けて護摩木を焼きつつ拝む
山伏は、聖護院の人たちです

   

狸谷山 初不動(護摩焚き) (2013年1月28日、2015年1月28日)
「京都三大初まいり」の最後の行事「初不動」
修験者として知るべき知識を尋ねるテスト形式の問答、
一乗寺下り松から、詩仙堂の前を通り、急な上り坂を上がっていきます
石段を上がって、弁財天(竜宮門?)を過ぎて
250段の階段を上ると、本殿になります

 お不動さんの1年で最初の縁日、お護摩を焚き、参拝者全員でお経を唱えます、
とくに初不動当日は、家内安全、商売繁盛を願う人々で賑うそうです

大護摩供養  厄難除けの大護摩供養が行われます
この日はガン封じにご利益のある、笹酒の接待もあり、
護摩の火で温めた青竹の筒の笹酒を、青竹の杯でいただけます

   


壬生寺 大護摩祈祷 (2015年2月2日)
山伏は聖護院の方々です
     

世継地蔵尊大祭(上徳寺) (2015年2月8日)
山伏は聖護院の方々です
 
 

阿含の星祭 (2015年2月11日)
、阿含宗主催で、「炎の祭典・阿含の星まつり 神仏両界大柴燈護摩供」として
阿含宗本山境内地にて開催する護摩法要を用いた宗教行事
 
 

松ヶ崎大黒天 (2015年2月14日)
七福神の大黒天を祀っています
近所の方が、正月飾りや古い御札を持ってこられます


菅大臣神社ー護摩焚き (2015年5月9日)
菅大臣神社で山伏のお練りと護摩焚きがありました
山伏のお練りは、子供が参加していました
30分ほど町内と近所の町内を練って帰ってきました
これから、聖護院さんの山伏による護摩焚きです
ここは、神社ですが、山伏による般若心経もあり
山伏問答、法弓、法剣、法斧、閼伽といった諸作法があり
護摩に点火されます

 

霊山観音 採灯大護摩供養 (2015年5月18日)
いつもの聖護院さんの山伏さんです
見たことがある方が数人のおられました
山伏問答、法弓、法剣、法斧、閼伽といった諸作法が行われました
護摩木が少ないようです

霊山観音は、第二次世界大戦の戦没者および戦争の犠牲者を追悼するため、
建立されました



役行者山(祇園祭) (2015年7月23日)
聖護院の山伏が、浄妙山、南観音山、北観音山、八幡山を巡回し
役行者山で護摩焚きを行います
山伏問答 剣、斧、等の作法があり、、護摩壇に点火される。
お経の中、護摩供養が行われる
道路上で、アスファルトのため、護摩壇は鉄の篭に入れられています



清荒神護浄院 (2015年11月28日)
山伏・稚児のお練りがあります
稚児は、座主から短剣でおはらいを受けます
山伏問答無で、法斧(ほうふ)の儀、法弓の儀、法剣の儀が行われますが
護摩壇に火がつけられます

    

猿田彦神社 初庚申(こうしん)祭 (2016年2月14日)
祝詞等の神事が行われた後、
猿田彦が塩で護摩壇を清めます
そのあと、護摩に火がつけられます


金戒光明寺 浄焚式(じょうぼんしき) (2016年2月25日)
11時から始まっていましたが、13時前に行ったので、終わっていました
来年、再挑戦します


松尾大社 お火焚き神事(紫燈大護摩供・火渡り式) (2016年2月28日)
大峯さんの修験者が護摩焚きを行われます
まず本殿に参拝された後、拝殿を一周して、楼門から駐車場に設置された
護摩壇に向かいます、儀式は、剣の儀式、弓の儀式などがあり
松明に点火した後、護摩壇に点火されます
座主が護摩木を投げ入れると、一般の方も護摩儀を投げ入れます
もちろん、山伏も護摩木を投げ入れます
護摩木をすべて投げ入れると、火種を広げて、その上に材木で橋を作ります
いよいよ、火渡です、まず座主から、続いて一般の方々の火渡です
 

 
本圀寺 人形供養 (2016年6月24日)
本圀寺(山科)にお火炊きを見に行きましたが
人形供養は、午後からでした
護摩壇と人形を写してきました

摩利支天堂 護摩炊き (2016年10月20日)
いつもの聖護院の山伏です、顔を見たことがある人もいます
驚いたのは、 摩利支天堂に行く前に
すぐ近くのえびす神社にお参りに行き。般若心経をあげたことです
お寺に行く前に神さんのところに行く??

狸谷山不動院 お火炊き (2016年11月3日)(2017年7月29日)
バス通りから約150m、1.4Kmの登りで、不動院につきます
結構きつい登りです(標高差90m)、最後は石段で、250段あります

〇山伏問答 この法要に参列を願う客山伏が現れますし、偽山伏が横行することから、修験道に関する様々な問いをぶつけ、その真偽を問う「山伏問答」が始まります
〇斧作法、柴灯護摩の護摩木を伐り出し、諸願成就を願う斧作法
〇法弓作法、清浄なる仏域にするため、各方角に5本の矢が放たれます
〇宝剣作法、道場内の一切の邪気を祓う宝剣作法
〇床固作法、宝剣作法で道場内の邪気を祓い、そして最後は道場の地を固める床固作法
〇祈願文奏上、柴灯護摩道場は清浄なる仏域となり、御本尊不動明王へ祈願文を奏上します
〇点火、護摩壇に点火されます
2016
 

2017年 19時開始
 


上御霊神社 お火炊き、湯立神楽 (2016年11月18日)


上御霊神社のお火炊き・神楽・湯立神楽を見てきました
お火炊きと神楽・湯立神楽が同時進行です
帰りにミカンとお菓子が入った袋をいただきました
湯立神楽を舞う方は恵比寿神社や他の神社でも見ました
 



三十三間堂 お火炊き (2016年11月20日)
天台宗の山伏がお火炊きを行います
いつもの聖護院の山伏と違って、問答もなく簡単です




太秦広隆寺 お火炊き (2016年11月22日)
聖徳太子の命日であるこの日に
広隆寺聖徳太子お火炊き祭です
聖護院の山伏ではありません



正覚庵 筆供養 (2016年11月23日)
正覚庵は筆塚があります
お火炊きの煙にあたると、字が上手になるといわれています
山伏は醍醐寺の関係者です



金閣寺不動堂  (2016年11月28日)
金閣寺の入場料が必要です



吉田神社護摩焚き (2017年2月18日)
吉田神社の月次祭と節分大祭奉納護摩焚祭です
勢い良く燃えて、火が下火になりかけた時に
護摩木をくべていきます
帰りにお神酒をいただきました

 


今戒光明寺浄梵式 (2017年2月25日)
仏壇 仏具などを焚き上げる「浄焚(じょうぼん)式 
僧侶が散華して、お経が唱えられる中、始まります
護摩焚きとは異なります



山伏山祇園祭 (2017年7月15日)
山伏山 護摩供養 は15日の11時からです
聖護院の山伏です
役行者 でも同様の護摩供養がありました



花山稲荷神社火焚祭 (2017年11月12日)
三条小鍛冶宗近の故事にちなみ、火焚串を“ふいご”のかたちに積み上げるお祭りで、「ふいご祭」とも呼ばれます
僧侶が散華して、お経が唱えられる中、始まります
護摩焚きとは異なります



御香宮神社火焚祭 (2017年11月15日)
神殿で、神事の後、お宮の入り口で藁に火をつけ
続いて、お火焚きの場所へ
神主たちは、たすきをして
点火は、火打石を三度ほど打ち、そのあとマッチで点火
奉納された護摩木を、火床に入れ焚き上げます



七面大明神 宝塔寺火焚祭 (2017年11月17日)
七面の本堂で約1時間の読経の後
点火です



建勲神社 義照稲荷火焚祭 (2017年11月23日)
建勲神社東側にある、義照稲荷のお火焚きです
本殿は、階段を上がって行った船岡山の中腹にあります
火はここで点火して、石段を下りて、下の広場で点火します
お火焚き串は参列者が、投げ入れます
(昔は、石段の上でお火焚きが行われていそうです)



粟田神社お火焚き (2017年11月23日)
粟田神社 お火焚きです
火焚き串がきれいに積まれています
神主の祝詞が終わると
塩、・・みかんを投げ入れます
焼きみかんは参拝者に配られます



濡髪大明神(知恩院)お火焚き (2017年11月25日)
知恩院の一番奥にある御廟の横に濡髪大明神があります
ここでお火焚きです
ここに行くには、知恩院の三門の石段を上がり、
本堂からさらに石段を上がって、御廟の下に来ます
ここから北の方に少し行ったところにあるのが濡髪大明神です
三門から、だいぶ歩かないと来れないのですが
結構大勢の方が来られていました



滝尾神社(滝尾)お火焚き (2017年11月26日)




本満寺護摩炊き (2017年12月1日)
寺町通今出川上る 妙見宮



五智山 蓮華寺護摩炊き (2017年12月13日)
仁和寺 東側
厄除招福の柴燈護摩供です 柴燈大護摩供は、
行者さんの法螺貝の音で儀式が始まり
破魔矢を放ち結界を張って
中央にある護摩壇に火がつけられます。
また、不動堂内では般若心経の太鼓と共に
住職が護摩を炊き祈願を行います。



引接寺 千本焔魔堂護摩炊き (2017年12月23日)
この世とあの世の間におられる閻魔法王をご本尊としている珍しい寺
護摩炊きは、お堂の中で行われます
昔は外で行われていたそうです
煙のために、火災報知機が鳴ります
最後に、住職のあいさつの後、みかんと餅が配られました



剣神社 御弓始祭・大焚祭 (2018年2月11日)
剣神社は新熊野神社から醍醐道の方向へ登っていくとある、小さな神社です
お弓一の後、大火焚祭がありあました



清浄華院(蘆山寺の北側)畳供養
清浄華院で畳供養がありました
日本でここだけだそうです
角川京都市長が挨拶されました

帰りに、畳とお守りをいただきました



岩谷神社(山科)お火焚き神事
湯立神事・お火焚き神事を見てきました、
この後、岩屋音頭や福引抽選会があるそうです
湯立神事は、塩・米・お酒を窯に入れて、
笹の葉をお湯につけて、少し周りに振るだけでした


メインに戻る