京都のさざれ石
日本国歌「君が代」の歌詞に歌われることで、その名が知られている
もともと小さな石の意味
石灰岩が雨水で溶解して生じた、粘着力の強い乳状液が少しずつ小石を凝結していき、石灰質の作用によってコンクリート状に固まってできる。

下鴨神社・護王神社・吉田神社


トロッコ嵯峨駅



斎宮神社
なだらかな傾斜をもって低くなっている。


乃木神社


メインに戻る