竹田城(朝来市和田山町)、備中松山城(高梁市)、八幡山城(近江八幡)、安土城(安土)、観音寺城(安土)、   
岩村城(恵那) 、苗木城(中津川)、犬山(岐阜)、郡上八幡城(岐阜)、赤坂城(大阪府),大和高取城(奈良),   
鬼ノ城(総社市)、岡山城、天王山城(京都府大山崎)、小谷城(長浜市)、姫路城(修復終了)、伏見城・遺構,
大野城(福井県大野市)、丸岡城(福井県坂井市)、二条城

日本三大山城
城郭名所在地海抜比高解説
大和高取城奈良県583m390m比高が一番高い
備中松山城岡山県480m340m建物が現存する中で最も高いお城
美濃岩村城岐阜県721m150m海抜が一番高い

比高とは、麓から本丸までの高低差で大きいほど一般的難攻不落と考えられる。

四国九名城(徳島城、高知城、宇和島城、大洲城、松山城。湯築城、今治城、丸亀城、高松城)


竹田城(朝来市和田山町)標高 353m 比高 250m
日本のマチュピチュと言われています

 

備中松山城(高梁市)標高 480m 比高 340m

 標高430mの臥牛山頂上付近に建つ天守は、国の重要文化財で、
現存天守を持つ山城としては最も高い所にある
1683(天和三)年に水谷勝宗によって3年がかりで修築され、今の天守の姿になりました。
 

八幡山城(近江八幡)標高 283m、比高 100m


安土城標高199m、比高110m
 

観音寺城(安土) 標高432m、比高350m


岩村城(恵那) 標高721m、比高150m  石垣がきれいに残っています

本丸が諸藩の居城中最も高い海抜717mに位置しおり、日本三大山城の一つに数えられている。


苗木城(中津川) 標高423m、比高126m  巨岩を利用して、作られています


犬山(岐阜)  国宝、個人所有だったことでも有名


郡上八幡城(岐阜)




赤坂城(大阪府)
千早城は千早赤阪村にあり、金剛山の登り口です、城跡はあまり残っていない、標高673m、比高175mです


大和高取城(奈良)

標高580m 比高390mで比高が日本一です
この城の特徴は武家屋敷も山城の中ににあるので、城の規模が大きいことです
土佐の人が連れてこられて、築城したので、土佐ノ城とも言います
この城は明治20年ごろに写真に撮られています、この写真をもとにCGでお城が再現されています






鬼ノ城(総社市)(山崎) 標高397m・比高310m
鬼城山(きのじょうざん 標高397メートル)に遺る神籠石式山城
鬼ノ城は古代の歴史書には登場しないが
後世の文献には出てくる(百済の王子が備中の新山に居城を構えた
この城が修復されだしたのは2-3年前からだそうです
石垣や土塁で囲まれており、周囲は2.8kmある、比高310m
古代山城で、4か所に大きな門の跡がある
この山には水源が多く池から水を流す水門が六か所ある
西門の飾りは盾で、当時の様子の再現です
鬼ノ城2(日本の石垣は複雑に組上げられている)
石垣の積み方は並行で、百済の積み方である
 

岡山城(烏城)


天王山城(京都府大山崎) 標高270m・比高240m


小谷城(滋賀県長浜市)標高495m 比高約300m
河毛駅から戦国ガイドステーションへ
ここから小谷城を見座市て上ります、黒金御門跡、桜馬場跡、大広間跡、本丸跡から大堀切を迂回して
京極丸跡、山王丸跡から、清水谷を下りてきました
小谷城は浅井家(3代目の妻がお市:信長の子)です
小谷城は、戦国時代屈指の山城で、
18の曲輪(くるわ:城や砦の周囲にめぐらして築いた土石の囲い)を配置した要塞
家臣の屋敷は、清水谷の下の方にあります
よくこんなところに、城を築いたものです
城壁は、ほとんどが土でできており、
石垣は近くからとれた 石を積み上げてあるという感じでした
   

メインに戻る

姫路城一般公開前日(2015年3月26日)
 ブルーインパルスの祝賀飛行がありました
 
   

姫路城(2017年5月4日)
 姫路城の天守閣に登ってきました
8時過ぎに着いたのですが、長蛇の列、それでも、30分程度で、入場です
他の城とはスケールが違います


平戸城(長崎県)(2015年4月19日)
 昭和37年に復元


伏見城・遺構(2015年8月7日)


大野城(福井県大野市)(2016年4月19日)
天空の城で一番有名なのが、竹田城です
ここも天空の城で、南西の洪泉寺の裏山(標高325m:比高100m)から見てきました
道は整備されていますが、結構きつい登りでした
雲海の中の大野城は素晴らしいそうですが?
大野城も標高300m程度:比高70m程度です
大野城は、階段の道と上り坂の両方があります
現在の城は1968年に再建されたものだそうです
 

丸岡城(福井県坂井市)(2016年4月19日)
城は1576 年に建てられた平山城で重要文化財だそうです


熊本城(2014年10月03日)
2016年に地震被害にあいましたが、2014年に行った時です


二条城(2017年3月27日)「東大手門修復完成記念 特別公開」
特別公開 元離宮二条城 東大手門及び東南隅櫓
○東大手門(重要文化財)二条城の正門にあたり,
現存の門は1626年頃の建築と考えられている。
築城当時は現在のように櫓門(2階建て)であったが,
寛永の二条城行幸時に 天皇を2階から見下ろさないようにとの配慮から,
一重の門に建て替えられたと 言われている。
○ 東南隅櫓(重要文化財)後水尾天皇行幸に際し,建設された隅櫓の一つで,
西南隅櫓と比べ,一回り大 きく,1階の屋根に千鳥破風があることが特徴。
二条城には,外堀と内堀の四隅, 外堀北中央に計9棟の櫓があったが,
1788年の大火で多くが焼失し,
現存し ているのは東南隅櫓と西南隅櫓の2棟だけである
    

長浜城(2017年4月15日)


虎御前山(2017年9月10日)
虎御前山城は、戦国時代、浅井氏の居城である小谷城を攻略するため、
織田信長が前線基地として築いた山城です
この山には8人の武将(柴田勝家、織田信長、木下秀吉など)
が陣を構えていました
この山はもともと古墳が多くあり、
現在では城か古墳か判断がつかないものもあります
それでも、石垣はなかったものの、土塁の跡はしっかり残っていました
   

メインに戻る